前へ
次へ

半熟でトロトロのポーチドエッグの調理法

茹でる調理法でつくるポーチドエッグは、鮮やかなオレンジ色の黄みが流れ出る贅沢な仕上がりです。
トロトロの黄みが流れ出てくるのが魅力ですが、コツを掴んで作る必要があります。
単に茹でればいいというものでもないですし、他の野菜などと一緒に茹でると卵の黄身が鍋の中で出てしまうので注意です。
簡単なようで奥が深いのもポーチドエッグの調理法であり、鍋に水を張りお酢を入れて沸騰をさせたら卵を入れます。
いったん別の器に割り入れておき、お玉などで優しく沸騰をした湯の中へと投入です。
忘れずのお酢を入れておくこと、およそ2分半くらいを目安にして、お湯をクルクルと渦ができるように回します。
時間が来たらお玉でポーチドエッグをすくいだしますが、菜箸などで取り出そうとするとせっかくの半熟が壊れるので注意です。
数人分を作る時にも1つの鍋に、何個も卵を一緒に入れてはいけません。
若干手間に感じても必ず1個作っては取り出す作業を繰り返すこと、そのうちに白身などでお湯が濁りますので、キレイなお湯に変えるようにします。

Page Top